本当の自由とは?

本当の自由とは?

皆さん、自由って一体何なのか知っていますか?

いきなり哲学者のような質問をぶつけて恐縮ですが、これを知らなければ、自由にありがたみを感じることができません。

そこで本節では、フリーランスになって自由を謳歌するために、自由の本質について語りたいと思います。

森谷式翻訳術ホームページ

自由から逃げるのが本能

ドイツの哲学者エーリッヒ・フロムの『自由からの逃走』によれば、人は自由を求めながらも、自由から逃げてしまう本能を持つとのことです。

え?私たちが普段あれほど求めていた自由から、本能レベルで逃げてしまう?

これってどういうことなのでしょうか。

話を進めていくと、私たちは日頃から自由でありたいと思いながらも、国家や法律、他者からの目線や評判、会社組織や社会保障、そういった枠組みの中で生きていくことを、本能では望んでいるのです。

なぜなら、その方が楽だからであり、誰かに自分の自由をゆだねてしまえば、誰か何とかしてくれると思っているからです。

しかしこれはちょっと極論と言いますか、哲学者にありがちな、自由について少し行き過ぎた解釈であるとも思います。

では改めて、フリーランスが獲得できる真の自由とは何なのでしょうか?

フリーランスの自由とは?

自由について私なりの解釈を説明すると、次のようになります。

「自由とは何者にも縛られないことではなく、譲れないものを1つ持つことである。」

B’zの歌詞にも出てくる言葉なので、知っている人もいるかもしれませんね。

私はこれこそが、フリーランスの獲得できる自由そのものだと思っています。

例えば私の場合は、森谷先生と同じように「いつでもどこでも自由に働ける労働環境」がこれに該当します。

これだけは譲れないのですが、逆にこれさえ満たせるのであれば、私は特に翻訳の仕事にも執着しないでしょう。

ですので皆さんも、今一度、自分の自由について考えてみてください。

あなたにとって譲れないものは、何なのか、どうすれば実現できるのか?

譲れないものが「家族」の場合、会社に残った方がいいこともあるでしょう。

それがもし私のように「労働環境」であったり、「仕事のやりがい」など、フリーランスの生き方でしか実現できないのであれば、もう迷っている暇はありません。

今すぐ行動に移して、自由な人生を手に入れるべきでしょう!

森谷式翻訳術ホームページ
TOPページを見る