今の仕事、楽しいですか?

今の仕事、楽しいですか?

仕事は、人生の1/3の時間を占めると言われています。

なので、仕事が楽しくなければ週末だけを楽しみに過ごすことになり、非常にもったいない生き方をしているのです。

私も今でこそ楽しく仕事ができていますが、昔は労働アンチだったので、皆さんの抱える仕事のストレスは、多少理解できているつもりです。

しかしだからこそ、仕事は楽しくあるべきだと思っています。

森谷式翻訳術ホームページ

仕事が楽しいと思える3要素

「幸福学」の権威である、慶應義塾大学の前野隆司教授いわく、仕事において幸せを感じられる状態は、次の3要素に大別されるとのこと。

・「ゾーン」…時間を忘れてのめり込めるような状態。

・「For me」…自分のために、成長や収入を求めて頑張る状態

・「For you」…他人のために、貢献や感謝を目指して尽くす状態

これらを満たすことで、仕事が楽しくなっていくようです。

なので皆さんがもし転職される際や、仕事について悩んでいる時は、これらのポイントについて意識してみてください。

ちなみに私の場合は、翻訳の仕事に没頭していると思います。

皆さんも気になる本や映画は、夜通し見てしまった経験はないでしょうか?

それと同じで、私の場合も次から次へ気になってしまい、気付いた時には夜が明けているのです。

そんな時には、心地よい疲労感と達成感に満たされて、仕事に対して良い思い出しか残りません。

ゲーム感覚で成長を求める

しかしそうは言っても、なかなか割り切って没頭したり、自分のため、他者のために働くことは難しいでしょう。

私がおすすめする没頭術として、ゲーム感覚で仕事をこなすことが挙げられます。

とにかく貪欲に、ゲーム感覚で成長を求めてみましょう。

またそれは感覚的なものではなく、数値的なものが理想的です。

例えば1日に翻訳できる量や、1か月でも稼げる金額など、目に見えるポイントがあれば、とにかくそれを高めることにコミットしてみてください

きっと、もっと数字を伸ばしたい!その一心で没頭するでしょう。

より仕事に没頭できれば、必然的に技術は向上し、必ず誰かの役に立っています。

そして、いつかは巡り巡って自分の所に帰ってくるのがビジネスの基本原則なので、成長を求めるということは、上で説明した3要素を同時に満たすことが出来るのです!

森谷式翻訳術ホームページ
TOPページを見る