アーリーリタイアするために必要なこと

アーリーリタイアするために必要なこと

老後の2000万円問題などから資金不足が心配する声があがっていますが、逆に資産運用などで将来必要な資産を構築することができれば、アーリーリタイアも夢じゃありません

はやく今の仕事をやめて自由に生きたい」このような考えを持っている方は結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

ここではアーリーリタイアに必要な資金や、どうすればアーリーリタイアが可能かということを考えて生きたいと思います。

リモートWORK公式HP
手堅く副収入を得る!

アーリーリタイアとは

アーリーリタイアとは、読んで字のごとく早めに引退するという言葉の意味で、定年を待たずに会社をやめ、仕事に縛られず自由に生きることを言います。

また労働時間を減らし趣味や自分の時間を楽しむことを優先している人のことを「セミリタイア」と呼んだりもします。

さらには20代や30代でリタイアを目指し早期から活動されている方のことを「FIRE」と呼んだりもするようです。

お金の為に働く生活から脱却し、夢や目標を追求するような生き方をすることです。

アーリーリタイアに必要な資金は?

一説によるとアーリーリタイアのための必要な資金は1億円ほど必要と言われています。

サラリーマンの平均生涯年収が2億円ほどと言われているので、手取りの給料だけで計算すると本業の収入だけでこの金額を達成するのは容易でないことが分かります。

生活の拠点をどくに置くかや、年齢などの状況にもよって必要な資金は変わってきますが、海外などの物価が安い地域などに住んでいる日本人の方は意外と多くいらっしゃるようです。

アーリーリタイアできる人の特徴

こうしたアーリーリタイア、もしくはセミリタイアできる人の特徴としては主に2つあります。

特徴①、投資などで資産を構築している人

アーリーリタイアを実現している人はまず働かなくて暮らしていける資金を準備しており、そのほとんどは投資などの資産運用を利用して資産を構築しているようです。

リタイア後の生涯プランをもとに収入と支出を計算し、生活ができるだけの資産を形成するという綿密なプランのもと実行するようにしましょう。

決してノリと勢いだけで会社を辞めてしまい生活できなくなっては元も子もありませんからね。

特徴②、不労所得を得ている人

安定した不労所得を得られている人は、アーリーリタイアをしても安心して生活を送ることが可能です。

例えば日本で不動産収入による不労所得があれば、物価の安い海外などである程度贅沢な生活をしてもなお余裕があります。

リモートWORKはほとんど稼働時間が必要ないので不労所得といっても過言ではありませんし、だれでも不労所得を得られるチャンスがあるというのはすごいことではないでしょうか。

リモートWORK公式HP
手堅く副収入を得る!
TOPページを見る